薄毛の解決に植毛はいかがでしょうか

薄毛に悩む男性が、解決のためにとる方法は様々で、それぞれにメリットもデメリットも存在します。育毛剤や頭皮マッサージなどで髪が自然に生えるのを待つ「育毛」は頭皮に負担はかかりませんが、長期的に労力を費やしても効果が感じられない場合があります。

残っている髪の毛一本ごとに数本の人工毛を結びつける「増毛」は、育毛と違ってすぐに薄毛を隠せますが、髪が伸びると結び目が浮いてくるので月1、2回のメンテナンスが必要ですし、結ばれている毛に負担がかかって抜け毛がさらに進行することも考えられます。
定番の「カツラ」は被ってしまいさえすれば隠せるので、抜け毛の進行を気にする必要はなくなりますが、周囲に気付かれるかもという不安感が常につきまといます。

また、月々のメンテナンスや数年おきの買い替えが必要で、意外と手間がかかります。

役立つ植毛の情報を探している方はこちらのサイトがおすすめです。

確実に効果があり、抜け毛が進行する心配もなく、メンテナンスの必要もない。
これらの条件をすべて満たしてくれる方法に、「自毛植毛」というものがあります。



自毛植毛では後頭部や側頭部の毛を薄毛部分に移植します。

植えた髪の毛は普通の毛と同じように伸びて抜け落ち、そこからまた新たな毛が生えてくる、というサイクルを繰り返します。

そのため一度植毛すればメンテナンスの必要はありません。


植毛に使う後頭部や側頭部の毛は脱毛ホルモンの影響を受けることがなく、施術を施した部分が禿げる心配もないので安心です。


植毛は医療行為にあたり、保険適用外のため費用はかかりますが、その代わり効果は一生ものなので他の方法よりもおすすめです。

iemoに関する情報を公開中です。